Senior’s voice先輩の声

長瀬 靖佳
02

改良土といえば栃木アンカー工業
と言われるようになることが目標です。

2013年入社
改良土事業部 サブリーダー 長瀬 靖佳

秋田大学大学院 工学資源学研究科 卒業

Yasuka Nagase

大学・大学院では土木環境工学を専攻。地元の栃木県内で建設関係の会社を探していて、就活サイトで栃木アンカー工業を知りました。会社説明会に参加したときに、「No.1を目指す」という理念や社長の先見性に感銘を受け、選考に進むことに。学生時代に東日本大震災を経験していたので、アンカー工事を通して耐震に貢献できることも、入社の決め手となりました。

入社後は改良土の営業を担当。お客さまとの交渉や工事の手配、書類作成など、最初は分からないことがたくさんあって大変だと感じましたが、先輩や上司にその都度相談できたり、アドバイスをもらえたりしたことで乗り越えることができました。

改良土事業部の営業の仕事は、官公庁やゼネコンなど工事の発注元に伺い、建設現場で出てくる汚泥を受け入れるところから始まります。それを当社でリサイクルして、今度は改良土を販売する営業を行います。改良土の品質の高さはもちろん、定期的にお客さまのところに顔をだして信頼関係をつくる営業姿勢が当社の自慢。県内で「汚泥リサイクル、改良土といえば栃木アンカー工業」と言っていただけるようになることが私の目標です。